チャットサイトは意外な穴場

人気№1
ハニートーク
>>テレクラサイトへGO
人気№2
MAX
>>テレクラサイトへGO
人気№3
ハニーライン
>>テレクラサイトへGO

出会い系サイト以外で『電話エッチ』のパートナーを探すのであれば、おすすめは『チャットサイト』です。こちらも出会い系同様、無料タイプが存在するので是非探してください。
サテ33
チャットサイトの特徴は、利用者の年齢層にあります。電話エッチに抵抗を持たない『若年層』が大半を占めるため、パートナー探しにそれほど労力を要しません。多少の運は必要ですが、都合さえ合えば即日に楽しめることもあります。
まずは、チャットルームの“呼び込み機能”を活用しましょう。
この機能は、言ってしまえばチャットルームの看板。チャットルームの主がどういった会話・相手を希望しているのか、知ることが出来ます。
ごく稀に「電話エッチしたいよ〜」「テレエッチしない〜?」とストレートな呼びかけを行っている女の子もいますが、利用規約に触れるサイトもあるため、応じる場合は注意して下さい。
それ以外の呼びかけとして多いのは「携帯で遊べる人〜!」「ソフトバンクの人いませんか〜?」など、電話エッチを示唆するものです。携帯会社によっては一定条件で割引・無料通話が可能なので、こういった条件から探しても良いでしょう。
もちろん、こちらから呼びかけを行っても構いません。尚その際は、“アダルト行為を目的とする呼びかけ”が違反でないか事前確認を怠らないでください。何であれ、ルール違反はいけませんよ。

言葉のキャッチボールが基本

電話エッチの楽しみ方はそれぞれです。はあはあ―と息遣いだけでやり取りを行う男女もいますし、官能小説もビックリの“濃い物語”を作り上げる男女もいます。
とはいえ、初めのうちは「何が楽しいか」「どうすればいいか」いまいちピンと来ませんよね。そうした男女にはまず、言葉のキャッチボールをおすすめします。

まずは、どちらが攻め手になるか決めましょう。出来れば男らしくリードしたいところですが・・・M男性の場合は女の子に苛めてもらっても良いでしょう。その場合は、初心者でない―多少の電話エッチ経験がある―女の子にお願いして下さい。
役が決まったら、次は攻め方を決めましょう。電話エッチは二人で楽しむ行為なので、必ず女の子と相談して下さい。「軽く苛める感じでいいかな?」「・・・うん。お願い」といった感じに決定したら、いざ電話エッチ開始です!
サテ34ここから先の展開は、女の子の様子を伺いつつ調整して下さい。女の子は、自分にどうして欲しいのか・どういう言葉を求めているのか、一歩先を考えて展開していきましょう。
出来れば一方的な言葉攻めでなく、女の子から“はずかしい言葉”を引き出したいものです。何故なら女の子は、自分の行為に感じる生き物。「私・・・こんな恥ずかしい事いっちゃった・・・」という羞恥心が、女の子をなおエッチな気持ちにさせるのです。

この辺りに悩みがある方は、官能小説を読んで流れを学びましょう。何事も、教科書を参考にすることが上達の近道です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ